青汁でダイエットする効果的な原料と飲み方のタイミング

私はごく平凡なOLです。

ダイエットには興味がありつつも、ストレスから甘いものはもちろん

お酒やたばこがやめられない生活からぬけきれないんです。

そんな毎日を過ごしているうちに体重がいっきに10キロ近くも増えてしまったのです。

青汁はどれも同じだと思っていませんか?
青汁でダイエットするなら原料を選ぶこと

そこで
青汁ダイエットに最適な青汁の原料は4つ
今人気で話題なのが 桑の葉。そしてご存知のケール、明日葉、大麦若葉 の4種類

青汁ダイエットで青汁を飲む時に気をつけたいことは
あくまでも栄養のサポートとして飲むこと

まずは今話題になっている桑の葉を原料にした青汁を検証してみましょう

桑の葉には肥満の原因となる糖分をブロックする有効成分のDNJ(1-デオキシノジリマイシン)が含まれています。

DNJは糖分のとりすぎを気にしている女性や男性にとって強い味方なんです。

DNJは糖分をお腹が吸収する前にブロックし、さらに摂取した糖質を体外に排出します。なので体重が心配な方やダイエット中の方、そして何よりもスウィーツが大好きなあなたに最適。

ダイエット中やポッコリお腹やメタボを気にする方にとって難しいのは、普段食べているご飯やパン。

これらの食品は糖分が多く含まれているからです。

そして一度、あなたの体に入った糖分は吸収されてからでは遅いので、食事の前に桑の葉の有効成分のDNJ(1-デオキシノジリマイシン)を食前に摂取するのがおすすめです。

桑の葉に含まれるDNJ(1-デオキシノジリマイシン)効果

桑の葉を原料にした青汁をいくつかご紹介すると

大人の青汁
ウィッツジャパン株式会社
ダイエットはもちろん妊活にも

大人の青汁には桑の葉に特有な成分DNJの他に、妊活にも有効な七種類の有効成分CoQ10、葉酸、カルニチン、ビタミンD、シトルリン、亜鉛、セレンが配合されています。

大人の青汁シトルリン桑抹茶は他の青汁同様スティック状なのでお湯に溶かして食前にサッと飲め、食事の最中にもお湯に溶かしてお茶のように飲めます。

桑の葉は天ぷらなどにしてそのまま食べた方が効果的なのですが、桑の葉を毎日料理するのは無理なので水やお湯、牛乳に溶かして飲みましょう。

桑の葉に含まれるDNJ(1-デオキシノジリマイシン)は熱に強いのお湯でもOK。

また糖尿病治療をしている方にも最適。体の中に入ってしまった糖分をDNJが絡めとって体外に排出します。


micoco シナモン青汁

ミナト製薬株式会社
自然素材のチカラ
どんよりボディもスッキリ!
がんばる女性のための青汁です。
国内の契約農家が育てた無農薬の桑の葉、シナモン、オリゴ糖、乳酸菌を配合。
「そろそろ青汁試してみようかな、、?」という方におすすめのやさしい味わいです。

お茶村の神仙桑抹茶ゴールド
株式会社お茶村
130万箱突破!お茶村の桑抹茶青汁

桑抹茶ゴールドは”老舗のお茶屋”のこだわりの青汁。
一度試すと継続して飲まれる方が多いとのこと。こちらのメーカーさんによれば
1 おいしいくてゴクゴク飲める
2 「国際銘茶品評会」で受賞し、年配の方からお子様まで家族で楽しめる
3 桑抹茶習慣がポッコリをスッキリ

ドクターベジフル青汁
株式会社グランデ

健康野菜のプロ、高上実さんがプロデュース
桑の葉をはじめ大麦若葉など、21種類の九州産野菜を配合でおいしい青汁

桑の葉青汁プレミアム乳清
株式会社リアルメイト
国内ではじめて植物性乳酸菌を配合し、さらに森永のビフィズス菌もプラス九州熊本産桑の葉の糖ブロック効果で糖質が気になるあなたにおすすめ。
パパイヤから抽出したパパイン酵素が腸の掃除をしてくれお腹スッキリ!

ふるさと青汁
有限会社マイケア
島根県産の桑の葉、熊本県・大分県産の大麦若葉や八丈島産の明日葉までも使用した飲みやすい青汁です。
女性にやさしい青汁と評判。妊娠中の食欲が出ない時にも飲みやすく手軽に野菜がとれ、今ではお子さんと一緒に飲んでいるそう、、

  • 青汁は食事をする前に飲むこと
  • 少なくとも一月から3ヶ月飲み続けること
  • 1日3食バランスよく飲みやすい青汁
  • そして何よりもダイエットに効果的な原料の青汁を選ぶ

青汁ダイエットの注意点は

青汁でダイエットする「青汁ダイエット」は落とし穴もあるので要注意

いわゆる置き換えダイエットは一時期もてはやされましたが、健全な生活をおくるためのタンパク質やビタミン、カルシウムなどが不足してはいくら体重が減ったとしても健康的とは言えませんね。

健康的にダイエットするならバランスの良い食生活と適度なエクササイズが必要。

無理に痩せて筋肉が落ちてしまうと身体の代謝が悪くなります。筋肉はエネルギーを大量に使うからです。

青汁はたしかに栄養がバランス良く配合されていますが動物性タンパク質や炭水化物が含まれていません。青汁だけでダイエットするのは無謀とも言えます。

どうしても食事制限をしたければ一食だけ牛乳などの乳製品と青汁を混ぜた青汁ダイエットがおすすめです。青汁でダイエットを考えているなら青汁の原料をチェックしたり、飲みやすいことも長く続けるコツです。

栄養豊富で食物繊維が豊富な青汁は健康ダイエットにはおすすめな栄養補助食品です。青汁は「第六の栄養素」とも言われるほど。青汁の食物繊維は腸を刺激し、その動きを活発化させいわゆる蠕動運動を高めるので、ダイエットに大切な「お通じ」を快適なものにしてくれます。


食物繊維は二種類ある

水溶性食物繊維 水に溶けネバネバ系とサラサラ系があります。大麦にも含まれて腸内善玉菌の便を柔らかくするので排便が楽になり、さらにお腹が空きにくくなること。
なので食べ過ぎ防止と糖質の吸収を緩やかにすることで結果として血糖値の上昇を抑えてくれます。
不水溶性食物繊維 腸を刺激し水分を吸収し大きくふくらんで、腸を刺激し整腸効果があります。便を増やしてくれるのでこちらも朝から快調になります。